石川県議会議員 田中美絵子

石川県政に県民のみなさまの声を届けます

ホームブログページ ≫ 県議会議員活動 ≫

ブログページ

予算委員会質疑【公立高校入試について】

IMG_0286
公立高校入試について質問しました。月経痛が追試験の対象となるよう、教育長に問いました。
以下議事録です

Q.文部科学省は来年から、月経痛や月経前症候群で公立高校入試を欠席した場合、追試験の対象とするよう求める通知を年内に各都道府県教育委員会に出す考えを明らかにしました。全国紙の調査によると、現在47都道府県のうち、受験日と月経が重なった場合、追試の対象としているのは、15道府県にとどまり、本県では態度を明らかにしていません。
また、実際に過去5年以内に、月経に伴う体調不良による追試を行ったのは京都府のみであり、具体的な基準の設定が曖昧であると指摘されています。
そこで、県ではどのように対応する予定かお伺いいたします。
 
北野 教育長
 本県の公立高等学校入学選抜学力検査においては、発熱・咳等の症状がある者やその他体調不良者等を対象に、特別な配慮として別室での受験を可能としております。
また、新型コロナウイルスやインフルエンザ等の感染症や風水害その他の非常災害による交通遮断等により、受験できなかった者に対する救済措置として追検査を実施しております。
委員ご指摘の月経痛や月経症候群などの体調不良については、今後、発出される文部科学省の通知を踏まえ、適切に対応してまいりたいと考えております。
 
2023年12月16日 17:27

予算委員会質疑議事録【医療的ケア児】

IMG_0276
医療的ケア児について3点、予算委員会で質問を致しました。
現場の貴重なお声や課題をご指導くださいました皆様に心から御礼申し上げます。
今後も医療的ケア児の更なる支援の拡充に向けてがんばってまいります。

以下議事録です

医療的ケア児支援事業についてお伺いします。
 令和3年の医療的ケア児支援法の施行に伴い、昨年4月に「いしかわ医療的ケア児支援センター このこの」が開設され、1年が経過しました。また、医療的ケア児等コーディネーター養成、派遣制度も始まり、医療的ケア児に対する支援が前進しています。
 一方で、県内の短期入所事業所での医療的ケア児の受け入れ状況は、今年5月1日時点の調査によると、事業所100か所のうち、医療的ケア児の受け入れ可能と回答したのは5か所、条件が整えば受け入れ可能と回答したのは10か所とのことでした。また受け入れ可能とした事業所においても、7日間対応できないところ、1泊のみのところ、医療的ケア児の内容によっては受け入れができないところと、対応が様々であり、とりわけ動ける医療的ケア児について、対応が難しく、利用できるところも限られているとのことです。
 県内では、医療的ケア児が毎年20名ずつ増えているとお聞きしています。
 保護者からのニーズに応えるためにも、短期入所事業所を充実していく必要があると思いますが、見解をお伺いします。
 
<柚森健康福祉部長答弁>
 医療的ケア児については、保護者自身の病気や休息、冠婚葬祭の際に、一時的に受け入れる短期の入所先を、昨年度設置した「いしかわ医療的ケア児支援センター」において調整を行っておりますが、受け入れ事業所の充実を求める声があることを承知しております。
 医療的ケア児の受け入れに当たっては、一口に医療的ケア児といっても、必要となる医療的ケアの内容が異なります。受け入れる事業所においては、それに合わせて必要な看護師等のスタッフや設備を確保する必要があるといった課題があるとお聞きをしております。
 県としましては、医療的ケア児支援センターを通じて、医療的ケア児に関する状況や保護者のニーズ等を事業所と共有をするとともに、次期報酬改定などの国の動向も踏まえつつ、今後どうした働きかけができるか勉強してまいりたいと考えております。
 
2023年12月14日 16:09

予算委員会質疑のご案内

406841044_2526250997552031_2384658971248304083_n
12月議会予算委員会にて質疑を行います。
以下の項目について質疑を行う予定です。
12月14日㈭10時半〜11時
場所 議場
1.子ども食堂
2.(ライドシェア)タクシー事業について
3.公立高校入試について
4.医療的ケア児支援
5.困難女性支援法に基づく基本計画について
議会棟1F総合受付にて、受付後4F傍聴室にて傍聴が出来ます。ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
2023年12月06日 13:13

石川県原子力防災訓練視察

DSC_0992
石川県原子力防災訓練の視察に初めて参加しました。4か所の施設や避難所を見学しました。
震度6強の地震を想定したもので、内閣府や近隣自治体、自衛隊など多くの関係団体や近隣住民の参加により大がかりな防災訓練となっていました。
2023年11月23日 16:57

金沢スタジアム現地視察

403057927_2516025298574601_5527748509929714152_n
金沢スタジアム現地視察に参加しました。
収容人数約1万人ですが、J1の試合が出来るよう追加で座席を設置できる仕組みになっていました。
また金沢スタジアムは防災備蓄倉庫にもなっていました。
これで金沢市内、東西南北に各1か所ずつ防災備蓄倉庫が完備されることになります。
2023年11月20日 15:05

心のユニバーサルデザイン推進フェスタ

IMG_20231103_134911_527 (1)
いしかわ百万石文化祭2023の一環である金沢市役所広場の「心のユニバーサルデザイン推進フェスタ」へお伺いしました。障害のある方もない方も理解を深める貴重な機会となりました。
2023年11月03日 14:58

かなざわ国際交流まつり2023

DSC_0001_BURST20231021142308689
毎年恒例の市役所前広場で開催される「かなざわ国際交流まつり2023」にお伺いしました。様々な国の舞台や屋台があり、多くの方が国際交流を楽しんでいました。
2023年10月21日 12:51

商工観光公安委員会視察

392946982_2495177057326092_7611837363396065552_n
商工観光公安委員会の視察として九州に6か所訪問しました。観光分野ではおもに誘致の取組など。実り多き視察でした。
2023年10月18日 17:06

災害・県土強靭化対策特別委員会視察

1696997505043
災害・県土強靭化対策特別委員会で千葉県の千葉県消防学校へ視察を行いました。
石川県の消防学校も移転するため参考になりました。
2023年10月04日 13:14

令和5年9月定例会一般質問議事録【部活動の熱中症対策について】

IMG_6748
部活動の熱中症対策について議事録をアップしました。記録的な酷暑が続く中、部活動をはじめとした熱中症対策に今後も取組んでまいります。

今年七月二十八日に、山形県米沢市で部活動から帰宅中だった中学一年の女子生徒が熱中症と見られる症状で亡くなった事故が起こりました。部活動の熱中症対策としては、二〇二一年に環境省と文科省が「学校における熱中症対策ガイドライン作成の手引き」をまとめ、各自治体が熱中症事故防止対策のガイドラインを策定しているとのことですが、今回のケースでは暑さ指数を測定せず、ガイドラインの周知徹底が十分でなかったことが事故の要因であったとのことです。
  部活動は、より高い水準の技能や記録に挑戦することで生きる力を育成することができるなど、生徒にとって有意義な活動であると考えておりますが、活動を行う上では十分に安全対策を取ることが必要であると思います。三重県教育委員会では、この事故を受け、暑さ指数が三十一度以上の場合、運動中止するという熱中症対策の強化を行いました。
  県内においても猛暑日が続き、連日のように熱中症警戒アラートが発表され、小松市では観測史上最高の四十度を観測しました。改めて、本県においても部活動の熱中症対策を強化する必要があると感じました。
  そこで、今年、部活動中に熱中症により救急搬送されたケースはあったのか、また部活動の熱中症対策をどのように行ったのか、お伺いします。
◎教育長
  部活動中の熱中症についてであります。部活動中に熱中症と見られる症状で緊急搬送された件数につきましては、昨年度が三件三名、今年度は五件六名、報告を受けております。
  熱中症対策につきましては、県立学校では石川の学校安全指針を踏まえ、各校ごとに作成している危機管理マニュアルに基づき、子供たちの命を守る観点から、環境省が発表いたします熱中症警戒アラートや暑さ指数のほか、各校ごとの暑さ指数の計測数値を参考に活動の中止や内容の変更等を判断しており、部活動を実施できると判断した場合においても小まめな水分補給や十分な休憩のほか、比較的気温が低くなる時間帯の活動に変更するなど必要な措置を講じているところであります。
  また、県教委では市町教委に対しまして、令和三年六月に学校における熱中症対策ガイドライン作成の手引きを活用いたしまして暑さ指数を基準とする対策、体制を事前に整えるなど熱中症の予防に万全を期すよう通知しておりまして、県立学校同様、熱中症警戒アラートや暑さ指数を参考に部活動の中止も含め適切に対応するよう指導してきたところであります。
  今後とも、熱中対策には万全を期してまいりたいと考えております。

 
2023年10月03日 11:39