石川県議会議員 田中美絵子

石川県政に県民のみなさまの声を届けます

ホーム ≫ ブログページ ≫

ブログページ

2022年9月定例月議会一般質問議事録【通話録音装置について】

IMG_6346
今回の一般質問で一番地元紙に大きく取り上げて頂いた質問となりました。
防犯対策として本市としても積極的に取り組む必要があるという思いから質問いたしました。
以下議事録です

最初に通話録音装置について数点お伺いします。
今年に入り石川県内では7月末までに56件、1億5千万円の特殊詐欺被害が発生しています。昨年1年間の30件、2849万円を大きく超える被害額となっており、5月には金沢東署が特殊詐欺被害防止に有効な通話録音装置の活用の呼びかけを行いました。
本市でも2016年から通話録音装置の無償貸出制度を行っています。通話録音装置とは、通話録音警告機と呼ばれる機器を固定電話に接続することで、着信音の前に「この電話は、特殊詐欺被害防止のために自動的に録音されます」と警告のメッセージを流すことが出来るもので、そのまま通話を続けると会話内容が録音される仕組みとなっています。
 県警によると、これまでに県内で発生した特殊詐欺被害は、全体の8割が最初に固定電話に電話をしていたとのことです。また2015年以降、通話録音装置を設置した家庭では特殊詐欺被害が発生していないということも明らかになりました。
 近年では、特殊詐欺の中でも、現金を受け取りに行く受け子を必要とせず電話だけで詐欺行為が完結する還付金詐欺がもっとも被害件数が多く、その手口は年々巧妙化しています。本市としても特殊詐欺被害の防止効果が高い通話録音装置の普及拡大を目指して取組んでいく必要があると考えますが、現在の保有台数と貸出状況についてお伺いします。
 
(市長)通話録音装置につきましては平成28年度の事業開始後、国の補助金を活用し必要に応じて追加購入をしており現在129台を保有しております。また8月末までの貸出状況は24台であります。
 
次に県警との連携についてお伺いします。東京都狛江市では、警察と連携し、特殊詐欺の電話が入ってきた場合に、防災行政無線やメールで警戒を呼び掛けているそうです。本市としても県警とも情報を共有し、連携しながら特殊詐欺防止に取組むことがより一層の効果を発揮できると考えます。石川県警では、特殊詐欺防止のために専用ページを設け情報発信を行い、また直接高齢者に呼びかけるなど、様々な対策を講じていますが、本市では現在、県警とどのような連携がとられているのかお伺いします。
 
(市長)本市では石川県警との連絡会議において通話録音装置による被害防止対策について情報共有を図っているほか、県警及び市それぞれの貸出基準が異なるためお互いの貸出制度を案内することとしています。また市が実施する消費者出前講座におきまして希望がある場合は警察職員が特殊詐欺の具体的事例などを紹介しております。
 
今年7月にお隣の白山市では、NTT西日本北陸支店と連携協定を締結し、特殊詐欺をAIで防ぐ取組を始めました。具体的には、固定電話に「特殊詐欺対策アダプタ」を設置することで、通話内容をリアルタイムでAI解析し、詐欺が疑われると事前に登録した親族、自治体、警察に連絡がいく仕組みとなっています。この特殊詐欺対策サービスは、NTT東日本とNTT西日本が運営しており、設置には初期費用として8800円かかります。この設置費を白山市のように自治体が補助する取組が広がっています。品川区ではこのサービスを導入したことで、連絡を受けた区職員が警察に通報し特殊詐欺を未然に防ぐと同時に犯人逮捕にもつなげたとのことです。本市でも将来的にAIを活用した特殊詐欺対策を採用する考えがないかお尋ねします。
 
(市長)AIを活用し通話内容をリアルタイムで分析して詐欺の有無を判断するサービスは特殊詐欺の未然防止に有効であると考えておりまして先行する白山市や他都市の利用状況を見ながら導入について検討してまいりたいと考えております。
 
特殊詐欺が巧妙化し被害件数も増加していることから、通話録音装置の台数見直しや、機器の活用の有効性について広報啓発を推進するなどの対策を講じ、特殊詐欺予防に力を注いで頂きたいと思います。まだまだ通話録音装置の存在自体を知らない方もいらっしゃいます。被害者の大半は高齢者ではありますが、若い世代に向けて周知を図っていくことも重要であると考えます。遠方に暮らす子世帯が、通話録音装置を親世帯の電話に取り付けることを希望するケースも多いと伺っています。通話録音装置に備え付けられている「大変だぁ~!ボタン」を押せば、あらかじめ登録した電話番号に自動発報され、特殊詐欺以外にも急な体調不良でも身の危険を第三者に知らせることが出来ます。ぜひ周知を図って頂きたいと思いますが、今後本市としてどのように取組んでいくのかお考えをお伺いしてこの質問を終わります。
 
(市長)県内の通話録音装置を設置した家庭では特殊詐欺被害が発生していないことから通話録音装置につきまして被害の未然防止に効果があると考えております。通話録音装置の無償貸出制度の利用促進を図るため子や孫の家族向けにSNSを活用するほか従来から班回覧を行っている消費者だよりの記事を充実させてこれまで以上の周知に努めてまいりたいと考えております。
 
2022年09月13日 17:32

おくやみコーナーが再設置されました

DSC_0085
6月議会の連合審査会で提案した、「おくやみコーナー」の再設置が実現しました。
しかも、入口の明るい場所に設置となりました。
煩雑な手続きが多い死亡届の各種手続きですが、悲しみに暮れているご遺族の一助になれれば幸いです。
またご協力ご理解いただきました市民課の皆さんに心から感謝を申し上げます。
2022年09月12日 11:57

避難所運営ゲームHUG

301229047_582058473610495_1266368022872637117_n
地元の防災士会で総会と避難所運営ゲームHUGを行いました。
大変勉強になりました。
2022年08月20日 10:52

千歳市防災学習交流センター

297295072_766385971281659_2781603836184851742_n
8月10日は、千歳市防災学習交流センターを視察しました。
災害講座、訓練、避難所、学習等実務を備えた施設であり、ヘリポートもある広大な施設でした。本市でもこのような施設があると心強いと感じました。
画像は、震度を体験する最新ともいえる装置です。
2022年08月10日 14:10

帯広市フードバレー視察

297175153_1274995563310916_5735395210379014183_n
8月9日は会派みらい金沢の視察として帯広市役所にお伺いし、フードバレーについて視察をしました。
帯広市では官民産が一体となり、地域の農業を発展させ新たな産業を創出し、その価値を国内外に発信する取組を行っています。その取組であるフードバレーについて説明をお伺いし、質疑応答を行いました。
2022年08月09日 09:28

北海道池田町ブドウ・ブドウ酒研究所視察

297595654_460165375705347_3123961222254035446_n
8月8日、所属する会派みらい金沢で北海道池田町のブドウ・ブドウ酒研究所に視察に伺いました。
池田町は財政難であった時代に市長が池田町に自生する山ぶどうに着目し、町営でワインを製造しました。
それが有名な十勝ワインであり、十勝ワインのおかげで財政難から脱したという内容でした。
大変勇気が出る視察内容でした。
2022年08月08日 09:24

三馬校下夏祭り

294499142_795634205138367_293274192457539883_n
地元三馬校下の夏祭りが3年ぶりに開催されました。感染症対策を行った上で時間を短縮して行いました。
画像は、村山市長、若松連長、野本市議と。
2022年07月23日 17:04

文教消防常任委員会視察二日目

293993276_580791850358989_4557963229933268782_n
二日目の視察先は埼玉県所沢市にある「角川武蔵野ミュージアム」でした。
所沢市と企業が連携してまちづくりを行っており、eスポーツ等各種イベントを通じて賑わいを創出していました。
ミュージアムも素晴らしく、プライベートでもぜひ訪れてみたいと思いました。
2022年07月13日 13:31

文教消防常任委員会視察

293864609_2140592892784512_7551276793786652363_n
文教消防常任委員会で仙台市を視察しました。地域の防災力を強化するための取組として仙台市では、VR技術を用いた体験型防災学習機能及び自主防災活動支援事業を行っており、大変参考になりました。
2022年07月12日 16:03

「若い力」スポーツ遺産登録

画像(若い力 伏見台)
2020年12月定例月議会にて一般質問から提案した「若い力」の金沢市スポーツ遺産登録が実現し、今年5月12日に認定証交付式が行われました。「若い力」は金沢市で受け継がれている集団演技であり、1947年の第二回国体開会式から現在に至るまで演技指導が続いています。私も今でも振り付けを覚えています。全国で行われているとずっと思っていましたが、金沢市独自の取組でした。金沢市総合体育館では金沢市スポーツ遺産コーナーがあります。ぜひ多くの方にご覧頂き金沢市のスポーツ文化に対する理解や価値を再認識してほしいと願っています。     
2022年06月21日 12:37